滞留便の出し方に関するお役立ち情報

滞留便が及ぼす二次的疾患とその影響や症状とは

滞留便がでないからといって放置しておくと、体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。また具体的にはどの様な症状が出るのでしょうか。

放置したり、安易に薬にたよると、二次的疾患を引き起こす

滞留便は、1日1回、便が排出されない状態を指します。これが蓄積されてくると、宿便、便秘となり、腸内で滞留便は異常発酵を引き起こし、食べ物の消化不良を起します。

初期症状は、にきび、むくみ、だるさ、頭痛、肩こりに始まるので、単なる体調不良とみすごしがちです。

頭痛の女性

滞留便と頭痛を気にして、便秘薬と頭痛薬を常用することにより、本来の腸の自然治癒力が失われてしまう方もいます。

いずれにしても、放置しておくと、腸内環境が悪化し、免疫力も損なわれ、血液が浄化されなくなるので、肝機能、腎機能が損なわれてしまうという二次的疾患を招きかけないのが滞留便です。

引き起こす症状は全身に影響を及ぼす

滞留便のある人が体臭が濃くなったという話が、時々あります。これは、滞留便が溜まり便秘になった方の場合で、小腸絨毛に食べ物のカスが溜まり、滞留便となり、これが腸内で異常発酵した結果です。

体外に排出されなくなった便は、腸壁から再び毒素だけ吸い取られ血管を通って体に行き渡るので、この様な結果が一因としてでてきます。この血管を通った後、肝臓に一端血液が戻され、肝臓の機能が悪化してしまい、万病の元に繋がります。

滞留便でお悩みの方が、体調が悪い、頭痛がする、腰痛がある、という場合は、こうした原因も考えられるのです。たかが滞留便とあなどれないということを覚えておいて下さい。

滞留便を溜め込まない体をつくること

滞留便を出す方法にも、様々あります。なるべくならば、健康を損ねない方法がいいのではないでしょうか。

即出す方法と長い目で見る方法の二種類に分かれる

滞留便を出す方法は症状にもよりますが、重度の場合や日常生活に差し障りのある場合は、即腸内から出してしまわなくてはいけません。しかし、そこまでいかない方が殆どです。

余程、過去の便秘で下剤や便秘薬を常用して、腸そのものの免疫力、自然治癒力が衰えてしまった方は、コロンクレンジングという方法があります。

腸

腸内洗浄ですが、お尻から温水を入れて、滞留した便を出すのを繰り返します。浣腸は下剤を使いますので、滞留便はでますが、腸壁をいためてしまうことがあります。

しかし、これは一時的な解消法ですし、相場も3万〜5万すると言われています。あまりにも安い場合は健康を損ねる場合があります。

では、長い目でみて出す方法は、どのようなものでしょうか。

滞留便を溜め込まない心身を作ること

長い目で見て滞留便を出す方法は、腸内環境だけでなく、そもそも滞留便を溜め込みやすい体質を変えていく生活や食習慣を変えることです。そのきっかけが、就寝前の4時間前は何も食べないようにして、極力胃腸の負担をすくなくする『整食』からはじめてもいいでしょう。

食生活では、繊維質の多い食べ物や、善玉菌を増やす発酵食品を多く摂り、酸化しやすい脂ものは控えるなど、気をつけることです。

また、生活面ではストレスを溜め込みすぎず、リラックスするように努め、何事もほどほどに捉える心構えでいることが、滞留便をつくらない体つくりには必要です。